忍者ブログ
創作日本料理“もも瀬”のブログです。
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


朝は、一番に料理場に、降りて夜は、一番遅く料理場を上がります。

勿論、住み込み生活、布団のタタミ方、タオルの干し方、寮の掃除から始まりました。

料理場では、洗い物ばかりでした。

朝一番の仕事は、ゴミ箱洗い!最後の仕事は、ゴミ箱を店の前に出して、戸締まりして、終わりです。

私以外の人たちは、全て家族、親戚でした。


PR

料理場に、入るのには、色々なケースがあります。

料理学校を卒業し、学校から、お店を紹介してもらう方法


料理組合に、入り何人かで、お店に雇われる方法


もう一つは、子飼いと行って、直接一人でお店に雇われる方法
子飼いは、丁稚奉公です。

私は、子飼いから始まりました。


休みの交渉は、勿論、お給料の交渉、仕事の時間の交渉全てなしです。

さぁ、これから修行の始まりです。




料理人の地位

板前 ー 花板、料理長
献立を決める

立板 ー 副料理長
板場を仕切る
刺身を引く

煮方 ー 三番
鍋前に立ち、全ての煮炊きを仕切る


向板 ー 立板さんと向い合っての作業

魚などの水洗いや処理

八寸場 ー盛りつけ

料理長が、盛りつけた料理を見て盛りつける


追い回しー洗い場

板場の全ての雑用など

以上が、料理場の基礎組織です。

洗い場は、料理用具のみを洗い器などは、洗らはないです。

長野県に、旅行に行かれたGさんのお土産に、そば粉を頂きました。


蕎麦掻きを作りましたが、ふつうの蕎麦掻きでわ面白さが無いので、枝豆を入れて練り上げましたが、なかなか、思いのが出来ました。

今後も色々入れて、みようと、考えています。




ゴールデンウイークは、天麩羅のみの営業!


日に日に、良い天麩羅が揚がり、今更ながら、大阪時代に、天麩羅を教えていただいた事に感謝です。

何もわからない、私に、修業二年目ぐらいに、油の鍋に立たせて頂き、天麩羅の全てを教えてくれた、和田さんと言う名人がいました。

大正生まれ頑固者でした。


軽い身のこなしで、軽い素晴らしい天麩羅を揚げいました。
今更ながら、凄腕でした。


揚げみたいですね。
和田さんのような天麩羅。



カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
(06/27)
(04/19)
(04/03)
(04/03)
(04/03)
プロフィール
HN:
もも瀬
性別:
男性
職業:
調理師
自己紹介:
日本料理の道を志し、30年が過ぎました。
ここでは私が日本料理を感じ学んだ想いを表したいと思います。
お問い合わせ
住所:三重県四日市市鵜の森1丁目2-15メゾンヴァンベール(近鉄四日市西口徒歩5分)
TEL:0593-57-3116
営業時間:11:00~14:00(ランチのみ)
17:00~22:00(21:45オーダーストップ)
定休日:毎週日曜日(予約は承ります)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]